« 美容師はアーティスト? | メイン | 美容スタッフ募集中!! »

美容師について思うこと

美容師についての私なりの考えを書かせて頂きますね。
私は、特に美容師になるのが夢だったと言う事ではありません。
なんとなく美容学校に行ったら、意外と器用だったので成績が良く、職人の先生の所にインターンに行ったら、コンテストで結構優勝したりして・・・ズルズル。。

しかし、カットが大嫌いで、高校時代から自分でカットしていましたので、全く畑違いでも無かったのかも知れませんね。

自分がそんな感じだったので、しっかり夢を持っているのが当たり前とかって思いません。
若いうちから、夢をしっかり持っている人ってどれだけ居るのかな?

しかし、沢山の美容師を見てきて、美容師になると言う事は、正直そう簡単な事では無いと思います。
時間的な制約。休みが友達と合わない。手が荒れる。労働がキツイ。
辞める理由はいっぱいあります。
自分には向いてなかった・・・人間関係が・・・。
確かにそうなんですが、あえて言わせて貰うと、でもやっぱり素晴らしい職業です。

どこが良いか?というと
やったらやった分、器を広げたら広げた分、すべて自分に返って来ます。
本当は、なにをやっていても同じなんでしょうが、美容師は目に見えて分りやすいです。
いくら言い訳しても、ごまかせません。
自分のキャパを広げる努力が必要なんです。
広げたら、自分をあてにして、頼って来てく下さるお客様が増えます。
お金は盗まれる事も、無くなることもありますが、自分が習得した技術、経験などは、盗まれる事も減ることもありません。
一生自分のものです。
要領良く、上手く生きる事も出来るかもしれませんが、上手くやってるようで、人生は最後まで分りませんからね。

私が、20数年間の美容師人生を通じて学んだ事を次の世代に伝えたいと思い出したのは極最近のはなし。
美容師をしながら経営していましたが、職人の方が圧倒的に強かったんですね。
そのバランスが、やっと最近、経営と言うか、指導する事にスムーズに変化してきました。
人は変わりますね。
中心が変われば、全て変わります。

BINに関わる関わらないは関係なく、美容師という職業に関わったのなら、1店舗や2店舗でうまく行かなかったとしても、簡単に結論付けないほうが良いのではないでしょうか。
美容室は、経営者によって全く違う空間を作っています。
全く逆の注意を受けます。
どちらが正しい、間違いでもありません。
正しいか、間違ってるか?なんてどうでも良い事です。
元々、正しい、間違いの概念自体が怪しいものですからね。
信頼するか、信頼できないか?
好きか、嫌いか?
人間ですから、合う、合わないは重要だと思います。
理屈では無いんですね。
自分に合った、良き指導者を見つけ、
生き生きと働ける職場が見つかると良いですね。
縁ですからね、縁が大切。
お客様ともご縁ですね。

 <  < 美容師はアーティスト? |  メインページ  |  美容スタッフ募集中!! >  >