« 空間 VS 空感 | メイン | 美容師について思うこと »

美容師はアーティスト?

よく、美容師のことを「アーティスト」と呼ぶ方がいらっしゃいます。
私は違うと思います。
アートとは、全感性を何かにぶつけて出来るものだと思っているからです。
美容師の場合、自分の感性より、お客様が今日どうされたいのか?を第一に考えます。
その気分によってデザインが全く違ってきます。
自分の感性をぶつけられますか?
そんな事されたら、お客様が困ってしまいますよね。
いくらで売れるか?を考えた時点でアート(芸術)では無くなると言います。
美容師なんて、カット料金がはじめから決まってますからね。
ただ、感性が良い人、悪い人は居ます。
イメージが伝わりやすい人、いくら言っても伝わらない人。
知識も、感性も感じられない人も居ます。
逆に、感が鋭く、軽く言葉を交わすだけで言いたいことが伝わってします方も居ます。
とっても喜んでもらえる人は、きっと感が良くて、技術もあるんでしょうね。
しかし、喜んでもらうと言う事は、「お客様の希望に沿う形で、それ以上に仕上げた。」からで、自分の感性を全てぶつけた訳では無いんですね。
アーティストってカッコイイですけど、違いますね。

あくまで私の勝手な考えですが、「アート」だと思っていると、プライドが変に高くなってしまう。
アーティストであろうが、マネージャーであろうが、ディレクターであろうが、要はお客様をきれいに変化させて、喜んで頂けたらOKです。

 <  < 空間 VS 空感 |  メインページ  |  美容師について思うこと >  >