« 016 ロングの髪を今までより明るく染める。 | メイン | 018 やや明るめのイエロー系のブラウンに染める »

017 とりーとめんと風ストレートと、トーンダウンを同時にする。

縮毛矯正と、以前に染めていた部分の黒染とを同時にする。

DSCF0663.JPG DSCF0667.JPG DSCF0668.JPG DSCF0674.JPG

硬毛、撥水、クセ強、ダメージ大

DSCF0663.jpg

クセがかなり強く、手に負えなくなったので、縮毛矯正でご来店です。

DSCF0667.jpg

ダメージレベルの大きい部分と、撥水で、薬剤の作用が効きにくい部分が混在していて難しいパターンです。

DSCF0668.jpg

アレ!もうアイロンが終わってしまいました 薬剤の塗布からアイロンまで飛んでますね。失礼しました。まっ、薬剤は秘密だし(そんな大層なものでも無いのですが・・・)、アイロン操作は普通ですので想像して下さい。それより今回の問題は、もう毛染めを止めようとされているお客様に何をご提供できるか。ですので、ポイントを移します。

DSCF0670.jpg

もう染めたくないので、そのままにしておこうと思っていらしたのですが、それではあまりにもみっともないので、ストレートの2剤と同時にカラーをする事をオススメしました。同時にしますので時間はほとんど変わりません。

DSCF0672.jpg

ナチュラルハーブカラーの水溶きタイプでさせて頂いています。傷めることなく、しっかりと色を入れることが出来ます。ストレートの定着液の邪魔もしませんからね。

DSCF0673.jpg

仕上がりです。何もしないのとは大違いでしょ。こんな使い方が出来るのも、ナチュラルハーブカラーならでは。ですね。

 <  < 016 ロングの髪を今までより明るく染める。 |  メインページ  |  018 やや明るめのイエロー系のブラウンに染める >  >