« 008 ハーブカラーのナチュラルなやや明るめの白髪染め | メイン | 010 男性のマバラな白髪染め »

009 縮毛矯正と色味補充を同時に行う

DSCF1245.jpg DSCF1247.jpg DSCF1248.jpg DSCF1252.jpg

クセ(矯正済み)・多い・やや硬毛

DSCF1245.jpg

縮毛矯正のアイロン処理が終わり、2剤を塗布して定着させる前の状態です。

この方は、以前カラーをされていましたが、最近はずーっとカラーをしていません。

よって、毛先が根元に比べ明るく退色しています。明るいと傷んだように見えますからね。

 

DSCF1247.jpg

スポイドに入っているのが定着させるための2剤です。

それに、ハーブカラーのトリートメントタイプを用意します。

カラーの中身は ○○(3):○○(3):W(○○) 毛先だけなので、少量で十分です。

DSCF1248.jpg

2剤を塗布し終わりました。定着時間の終了間際に、

先ほどのハーブカラーを色の明るい部分に塗布していきます。

この時、すばやく、適当?いや、適度(笑)に塗布します。

 

DSCF1249.jpg

色の変化に注意しながらコーミングし、色が合った時点でシャンプーです。

 

DSCF1252.jpg

色が合って落ち着きました。ストレートと相性がよく、傷める事もなく、

手間もかけずに、ついでに色味を補充することが出来ました。

写真では毛先のツヤまでお見せ出来ないのが残念です。

ハーブカラーの中性トリートメントタイプは、水溶きという過酸化水素水を

使わない特殊なカラー剤の為、このようなコラボレーションが容易に行うことが出来ます。

白髪染めと縮毛矯正との同時施術も、あるいは、カラーのライトアップと縮毛矯正の

同時施術時も、当店ではカラーからはじめます。

通常は、同時にはしない方が良いと勧められないと思うのですが、

当店のストレートパーマは、化粧品類の、マイルドなタイプを使うため

カラー後で施術しても、ほとんど退色はあまりありません。

通常のストレート剤では、アルカリが強いため、髪の膨潤率が上がり、

色がかなり抜けてしまいますので、必ずカラーは後からです。

当店では今回のように、ストレートの仕上げの2剤時に、トリートメントタイプの

ハーブカラーによって、色味を補充出来ますので、このような特殊な施術が

可能になっています。傷まず、仕上がりはとても綺麗です。

実際に、お客様の多くの方がカラーと縮毛矯正の同時施術を繰返されていますが、

今まで、傷んで伸ばせなかった方が、羨ましがられるほど綺麗なロングになっています。

傷めない事が、最高のヘアケアだと考えます。

傷めてトリートメントで誤魔化して・・・。悪循環ですね。

(注)医薬部外品のカラー剤と医薬部外品のストレート剤を使った同日の施術は

危険ですし、法律でも禁止されています。

当店では、化粧品類でトリートメント類に属する特殊な縮毛矯正剤と、

ハーブが90%以上ナチュラルハーブカラーのコラボレーションがあるからこそ

安全に、もちろん法律に違反する事無く行える技術であり、

どこの美容室でも行えるものではありませんのでご注意ください。

 <  < 008 ハーブカラーのナチュラルなやや明るめの白髪染め |  メインページ  |  010 男性のマバラな白髪染め >  >