« 015 白髪混じりの髪を、明るい透明感のある色に染める | メイン | 017 とりーとめんと風ストレートと、トーンダウンを同時にする。 »

016 ロングの髪を今までより明るく染める。

ロングの髪全体を今までより明るく、やや赤系にする。

DSCF0834.jpg DSCF0840.jpgDSCF0854.jpg DSCF0845.jpg 

クセ少々、普通毛

DSCF0834.jpg

根元3~4cmの新生毛ですが、全体に明るくしたい。とのご要望です。

DSCF0835.jpg

おそらく、毛先にはもう色素が残っていないと判断したので、脱染剤は使わず、アルカリのハーブのみで染めることにした。

DSCF0840.jpg

毛先も明るくするので、やや明るめのアルカリタイプのナチュラルハーブカラーを用意しています。

DSCF0845.jpg

根元を残し、薬剤の濃度を加減しながら塗布し、自然放置します。

DSCF0848.jpg

先ほど塗布しなかった根元に薬剤を塗布。もう一度キャップをして、自然放置します。

DSCF0855.jpg

透明感のある赤味のヘアに染まっています。ハーブカラーの特徴として、なぜか透明感が出る。という事です。

DSCF0854.jpg

毛先まできれいに染まっていますね。このツヤは自然のツヤですよ。ナチュラルハーブカラーには、人工の質感を上げる薬剤は入っていませんからね。

 <  < 015 白髪混じりの髪を、明るい透明感のある色に染める |  メインページ  |  017 とりーとめんと風ストレートと、トーンダウンを同時にする。 >  >