メイン

ハーブ・漢方・香草で出来たヘアカラー ナチュラルハーブカラー

herb collor.jpg

ナチュラルハーブカラーとは、その成分のほとんどを、天然もしくは、天然由来の自然のものを使用した、香草カラーをベースにした全く新しいヘアカラーです。

香草カラーは、いわゆる、ハーブ配合の製品ではなく、ハーブ、漢方、香草で出来たヘアカラー剤です。

なにしろ、90%以上が天然、もしくは天然由来で出来ています。

ハーブという名前を使った製品はよく見かけます。

が、ハーブエキス配合がほとんどです。

化学に天然を少量配合したモノと、天然に化学の良い所(主に色素)を利用したモノとの違いです。

この香草カラーは美容業界以外から誕生しました。

おそらく美容業界からは生まれることは無かったでしょうね。

草木染などをされていたメーカーの社長さんが、自然にこだわって作って下さいました。

香草カラーに出会ってすぐに飛びつきましたが、天然成分で出来ているせいか、使用方法、結果が思うように出ず、はじめのうちは正直戸惑いました。

しかし、結果が出るまで使い続けて本当に良かったと思います。

元々、BINではヘアカラーをされるお客様は多かったのですが、ヘアマニキュアをさせて頂くお客様も一般の美容室よりかなり多く、そこから移行するのにも一苦労しました。現在は99%の方にナチュラルハーブカラーをさせて頂いております。

2年間の試行錯誤の末、香草カラーをベースに、BINオリジナルブレンドのヘアカラー、ナチュラルハーブカラーが誕生しました。

おかげさまで、現在は多くのお客様がとても喜ばれていて、美容師冥利に尽きる思いです。

では、ナチュラルハーブカラーで実感できた経過を少し紹介しますね。

まず、すぐに実感できる感覚は、「しみない。」「匂わない。」「自然なツヤ。」「軽さ。」です。

次に実感できるのは、家でシャンプーした時の手触りが、今までカラーをた後とは違い、「カラーする前、昨日と変わらない」事です。

その次に、数週間が過ぎた時、「色落ちが極端に少ない、明るくなって来ない。」という事に気づきます。

そして、早い人で数ヶ月で気づきますが、本当の意味で気づくのは、数年経った時だと思います。

「そう言えば、髪が傷んで無い。」と、きっと実感できますよ。

おそらくこれらは、実感できる最低限の項目です。

「染めた所より、生えて来た髪の方が悪い」とおっしゃるお客様もいらっしゃる位です。

縮毛矯正が必要なくなったお客様もいらっしゃいます。

ダメージで、乾燥していたため、余計なボリュームが出ていたんでしょうね。

目に見えない部分では、ヘアカラーをする度に、毛穴・頭皮の洗浄と、血行促進で、育毛をサポートします。

1年後より、2年・3年後と、時間が経過するにつれて良さを実感出来るなんて本当にはじめての事です。

「化学は、施術直後が最高ですが、自然のモノは、そこからどんどん良くなってきます。」

数年経ってからお会いした、香草カラー開発者である天野社長のお言葉です。

聞いた瞬間、スーっとクリアになりました。

まさしくそのまんま、納得です。

これから・・・10年・・・と、使い続ける事が楽しみです。

そして、ヘ出来るだけ多くのアカラーでお悩みの方に、ご紹介していきたいと思います。

いくら理屈や、成分の説明を書いても、分かりづらいと思いますので、お客様にご協力いただいてヘアカラー見本を作りましたのでご覧下さい。

沢山ありますので、きっとご自分に似た、もしくは合ったパターンが見つかりますよ。

ヘアカラーQ&Aも作成しましたのでご覧下さい。